HOME > 製品案内 > ムーニー粘度計

ISO289、ASTMD1646で規定されているムーニー粘度の測定はローター速度2rpmで行います。外国のタイヤメーカーの文献で溶融フラクチャが発生するのは2rpm以下のため、可変ローター速度のムーニー粘度計を推奨しています。また、測定再現性はサンプルに依存します。モンテック社では定量サンプルカッターも用意しています。圧縮空気だけのシンプルな操作で高い測定再現性を実現します。是非、お問い合わせ下さい。