HOME> 試験片の再現性

加硫プレスの金型温度偏差やプレス圧力の管理、そして、試験サンプル切り出すことの管理が品質管理、ラボ測定の再現性に重大な影響を与えます。ISO2393新基準が推奨している金型温度偏差±0.5℃の加硫プレスや、毎回同じ体積、重量のサンプルを高速で打ち抜けるサンプルカッターを使用すると測定結果が変わります。

ISOワーキンググループの新規格

2014年3月に改定されたISO2393では、より精度の高いゴム試験の結果を得るためにも、試験片を製作する際のプレス圧を3.5MPa以上、金型の温度偏差を±0.5℃を推奨しました。

試験片の再現性

高性能の測定機でも試験片にバラツキがあるとデータは大きく変化します。
下記グラフはシンプルに試験片のShoreA硬度を測定した結果です。プレス圧力を管理していない加硫プレスからのサンプルとISO2393が推奨している3.5MPa以上の型押し圧力サンプルで測定誤差を比較しています。当然、これは硬度だけではなく、様々な測定結果に影響を及ぼします。

モンテック社のラボ用プレス

モンテック社の加硫プレスは改定されたISO2393が推奨する仕様を実現。再現性の高い試験片を作成します。さらに詳しく >

試験片の再現性。

試験片の切り出し方法も非常に重要です。
ハサミやカッターで切り出す事が一般的ですが、0.1gレベルでの調整は非常に大変です。
また、専用のサンプルカッターであっても、形状を打ち抜くだけの刃では角が潰れる等が発生し再現性のあるサンプル製作には向きません。

モンテック社のサンプルカッター

モンテック社のサンプルカッターはサンプルを圧縮してからカットする2段階制御です。毎回同じ体積・同じ重量でのサンプルの切り出しが可能です。
精度の高いサンプル(±0.1%)を2〜3秒で打ち抜けます。使用するユーティリティも圧縮空気のみで、電源は必要ありません。
さらに詳しく >

製品ラインナップ